アイピルとは緊急避妊薬の一つで、性行為後72時間以内に服用すると避妊効果が得られるという薬です。つい勢いでコンドームを付けずにしてしまったという非常事態の時。ただ悶々と不安な状態で過ごしますか?それともアイピルで避妊しますか?

アイピルとアイピルを飲んでいる女性

間違えて希望しない妊娠をしないためにアイピルを使用

避妊をしているつもりでも失敗することもありますし、間違って性行為に及ぶこともあるかもしれません。そんな時にあると助かるのがモーニングアフターピルです。行為後24時間以内に服用することで、妊娠を9割防ぐと言われています。1錠飲むだけでいいので楽、しかもホルモンを調整して生理を起こして着床を防ぐことから、それほど体に負担もかかりません。そんなことから予防薬として持っている女性も多いといいます。
モーニングアフターピルにはいくつか種類がありますが、その中でもノルレボのジェネリックとして知られるのがアイピルです。ジェネリックなので値段が安いのが最大の魅力です。間違えて妊娠しないように万が一のために持っておくのがいいかもしれません。
コンドームをつけていても穴があいていたり、途中で外れてしまうなど失敗は意外と多いようです。それでも妊娠はしないだろうと高をくくっていると大変なことになる可能性もあります。中絶手術という方法もありますが、体に大きな負担がかかりますし、お金もかかります。せっかく芽生えた新しい命をダメにするという倫理的な問題もあります。そうならないように、アイピルなどのモーニングアフターピルを持っていて損はないはずです。
それにアイピルはなんといっても安いです。店によって価格は異なりますが、1箱1500円程度で買えます。1箱といっても1錠しか入っていませんが、緊急時に飲むのは1錠だけでいいので問題はありません。この値段であれば万が一に備えて買っておけるでしょう。もちろん病院で処方してもらう方がいいですが、急を要することですし、処方してくれる病院がないと困ってしまいますので、アイピルなどのモーニングアフターピルを用意しておくと安心です。