アイピルとは緊急避妊薬の一つで、性行為後72時間以内に服用すると避妊効果が得られるという薬です。つい勢いでコンドームを付けずにしてしまったという非常事態の時。ただ悶々と不安な状態で過ごしますか?それともアイピルで避妊しますか?

アイピルとアイピルを飲んでいる女性

カーマスートラとアイピルと保険について

カーマスートラとは古代インドで書かれた書籍のことであり、カーマは「愛」、スートラは「教え」を意味する言葉です。この書籍を読むことで現代にも共通する、恋愛の参考になる愛の掟がたくさん記されていることが分かります。中用量ピルの場合は安く購入できることもありますが、低用量ピルは10000円程度かかってしまうこともあります。その秘密は保険であり、中用量ピルというのは避妊効果があるとして認可されているわけではないため、病気の治療目的で処方してもらう必要があります。その場合は保険が適用されるため、低用量ピルよりも安くなるということです。ちなみに、海外では低用量ピルが保険適用となっていることもありますし、その場合は無料とほとんど変わらないこともあります。そこで安く低用量ピルやアイピルを購入したいという場合、海外の通販サイトを利用すると良いでしょう。低用量ピルやアフターピルは海外と日本で同じものが使われていることもあります。ピルはその国の風邪薬よりも少し高めの値段に設定されていることが多いです。ちなみに、日本の病院でピルを処方してもらうという場合、薬代だけでなく診察料などがかかってしまうこともあります。低用量ピルは医師なら処方することができますが、産婦人科医以外で処方している医師はほとんどいないということです。アイピルの処方を受けるためには病院に行く必要があるため、できるだけ通いやすいところを選ぶと良いでしょう。アイピルは副作用の心配が少ないということですが、処方の際にメリットだけでなくデメリットについても説明してくれる医師の方が信頼できます。患者一人ひとりの気持ちを大切にしてくれる医師を見つけると良いでしょう。