アイピルを持っておくと得する!

アイピルとは緊急避妊薬の一つで、性行為後72時間以内に服用すると避妊効果が得られるという薬です。つい勢いでコンドームを付けずにしてしまったという非常事態の時。ただ悶々と不安な状態で過ごしますか?それともアイピルで避妊しますか?

アイピルとアイピルを飲んでいる女性

アイピルで事後でも焦らず避妊対策

性行為をした後でコンドームが破けていたことに気が付いたら、男女とも相当なショックを受けてしまうでしょう。特に女性は妊娠すると、人生設計にも大きな変更が必要になりますので影響は甚大です。もちろん身体にも多大な負担を与えてしまいますので、できることなら妊娠は計画的に行いたいものです。 もし万が一、避妊に失敗してしまった時には、緊急的に薬で対応することが可能です。現在は緊急避妊薬が販売されており、この薬を飲むことでかなりの確率で妊娠を防ぐことができます。この緊急避妊薬の代表的なものがアイピルです。アイピルは性行為後72時間以内に服用するだけで、排卵を遅らせ、受精卵の着床を防いでくれます。ですからもし性行為において避妊に失敗したとしても、定められた時間内にアイピルを服用すれば妊娠を避けられるので安心です。 ただし上記でも記したようにアイピルの効果を得るためには時間の制限があります。またアイピルは24時間以内に服用することでさらに効果が高まることが報告されているので、できることなら性行為をしてから時間を空けずに服用したいものです。アイピルなどの緊急避妊薬は医療機関で手に入れることができますが、服用までの時間のことを考えれば常備しておくというのも有効な選択肢となります。 アイピルを常備しておきたい場合は、インターネット上の薬の通販サイトなどを利用すると便利です。自宅に居ながら簡単に購入できるうえ、費用も安く抑えることができます。ピルは通販でまとめ買いしましょう。ただし中には粗悪品や偽造品を扱う悪質な業者も存在しますので、そのようなところを利用しないようにすることが大切になります。まずは信頼できる業者を慎重に選ぶことが重要になるでしょう。

アイピル以外の緊急避妊薬とは

アイピルの主成分はレノボルゲストレルという女性の排卵後に多く出る黄体ホルモンの仲間です。 アイピルは、緊急避妊薬で、避妊に失敗をした場合に、できるだけ早く飲み、24時間以内だと95%遅くても72時間以内だと75%の確率で避妊をすることができます。 レノボルゲストレルの先発品は、2011年日本で、産婦人科において使用が許可され、緊急避妊が必要になった場合のみ処方ができることになりました。 それ以前は、日本でアフターピルとして処方を許可された薬はありませんでしたが、必要としていた人達がいたので、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を含む中用量のピルがアフターピルとして使われていました。この薬を使う方法をヤッペ法といい、避妊に失敗をしたと気がついた場合は、産婦人科で処方をされていました。 ヤッペ法に使う薬は、治療薬としては月経周期をコントロールしたり、卵巣機能不全による不妊症の治療、月経周期を旅行などで調整したい時に服用したり、子宮内膜症の治療に使われています。 その一つの効果として緊急避妊に使う事ができるのです。 レボノルゲストレルと同じくできるだけ早く飲む必要があり、72時間以内の飲まないと効果はありません。 その効果は、受精卵が子宮に着床するのを防ぐ効果です。 服用の仕方は、まず2錠飲み、それから12時間後にもう一度2錠飲む必要があります。 吐き気が強く出て、もしはいてしまった場合は、もう一度飲みなおす必要があります。 それと大切な事は、12時間後の2度目の服用を忘れる場合があるのです。 避妊確率は、75%くらいと報告されており、効果はアイピルの方が高いと言われています。 ヤッペ法を行う場合は、緊急避妊が必要となった場合、絶対に産婦人科でしか手に入れることができませんので、どうしても服用が遅くなってしまうのです。ですから、アイピルのように、前もってお守り代わりの常備をしておくことはできません。

アイピルを買うなら個人輸入が財布に優しい

アイピルは緊急避妊薬のことです。モーニングアフターピルと呼ぶこともあります。 緊急避妊薬は、計画的に使用する避妊薬とは使用の用途が違っている面があります。例えばコンドームが破れてしまうなど避妊するつもりが失敗してしまったというケースが起きた場合や、自分が望んでいない性行為を行ってしまったことによって妊娠の不安がある場合などに用います。 成分はレボノルゲストレルであり、効果効能は受精と着床を抑える働きをもちます。アイピルはノルレボのジェネリック医薬品となっています。 注意事項としては、アイピルの効き目が期待できる時間が限られているという点です。効果が出てくるのは性交後72時間以内までとされます。そのためもしも望まない妊娠の可能性がある場合には、できれば通常の避妊薬だけではなく事前にアイピルを入手して適切に保管しておく必要があります。 アイピルを購入する方法についてですが、まず薬局やドラッグストアなど店頭で販売されているわけではありません。海外の医薬品ですので、国内の通販サイトで購入することは極めて難しいといえます。あるいは、オークションサイトであれば取り扱っている可能性は若干ありますが信頼性を考えると海外の通販サイトから購入する方法が一般的といえます。しかし、英語を理解しなければなかなか注文するには難しい面があります。 そこでアイピルを購入するのに最も適している方法が個人輸入代行業者を利用する方法です。この方法であれば、通販サイトと同じ方法で注文することができます。偽物をつかまされてしまう可能性についてはごくわずかといっていいので、安心して購入することが可能です。 そして、個人輸入での購入の場合財布にも優しいという点でも魅力です。アイピルを極力安く入手するには個人輸入です。
このようにアイピルは誰でも簡単に安く手に入れられます。避妊に失敗してから焦って入手するよりも、不測の事態に備えて常に持っておくことをお勧めします。